コンテンツにスキップする

シティグループのサプライズ指数、世界中でネガティブシグナル発信

  • 失望の指標が相次ぎ投資家は景気減速のリスク増大を恐れる
  • 資産価格は好調、米欧の株式相場は今年これまでに約10%上昇

世界中で弱い経済指標が投資家を驚かせ、世界経済に深い落ち込みが迫っているかもしれないという懸念が強まった。

  シティグループの経済サプライズ指数によると、データが予想を上回るか下回るかの指標は現在、全ての主要市場でマイナスになっている。世界の指標である同指数は4日に、2013年以来の低水準を付け、その後発表された中国やユーロ圏、経済協力開発機構(OECD)の成長予測引き下げが補強する形となった。

Citi's economic surprise indexes negative across the world

  エクセンシャル・ウェルス・アドバイザーズの最高投資責任者、 ティム・コートニー氏は「市場が見たいと思うような数字が出てこない」と話した。「市場は悪化が底を打つだろうか、強含んだり、より健全な兆候が見られたりするだろうかと見極めようとしているが、そうした兆しはまだ見られない」と述べた。

  数多くの失望があったにもかかわらず、世界の資産価格は今年これまで、かなり好調だ。米国と欧州の株式は今年これまでに約10%上昇、新興市場も同程度の上げとなっているが、勢いは幾分失われたかもしれない。3月に入ると、弱いデータを受けて株価は伸び悩んでいる。

原題:Citigroup’s Surprise Indexes Flash Negative Around the Globe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE