コンテンツにスキップする

蘭ING、18年分のボーナス原資25%減-捜査決着の高額費用響く

  • 18年分のボーナス総額は3.03億ユーロ-前年4.03億ユーロ
  • 既にCEOへのボーナス支給の取りやめを発表していた

オランダの銀行INGグループは2018年分のボーナス原資を25%減らした。マネーロンダリング(資金洗浄)に関する捜査決着のための高額費用とオランダ国内での銀行員の報酬に対する批判が背景にある。

  INGが7日に発表した最新の年次報告書によると、18年分のボーナス支給総額は3億300万ユーロ(約380億円)。前年は4億300万ユーロだった。同行はオランダ検察当局との7億7500万ユーロ規模での捜査決着を受けて、先にラルフ・ハマーズ最高経営責任者(CEO)へのボーナス支給の取りやめを発表していた。INGはこの決着がボーナス削減の「重要な要因」になったと説明した。

Bonus Bummer

ING's variable pay was impacted by a record fine in 2018

Source: Company filings

Note: In years before 2015 variable pay wasn't specified

原題:ING’s Bonus Pool Cut by 25% After a Year Tainted by Record Fine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE