コンテンツにスキップする

マナフォート被告に禁錮3年11月-銀行詐欺や脱税などで

更新日時
  • 脱税や銀行詐欺を含む8つの重罪に対する量刑言い渡しが行われた
  • 連邦地裁陪審は昨年、マナフォート被告に対し有罪評決を下していた
ポール・マナフォート被告

ポール・マナフォート被告

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
ポール・マナフォート被告
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米バージニア州の連邦地裁判事は7日、2016年の米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォート被告に対し、銀行詐欺や脱税などの罪で禁錮3年11月を言い渡した。

  バージニア州アレクサンドリアの連邦地裁のT・S・エリス3世判事は、マナフォート被告が海外で5500万ドル(現在の為替レートで約61億3000万円)を隠し、600万ドル余りを脱税した罪や銀行詐欺を含む8つの重罪に対する量刑言い渡しを行った。

  連邦地裁陪審が昨年有罪評決を下したマナフォート被告(69)に対し、検察は19年から24年6月を求刑し、事実上の終身刑となる可能性もあったが、連邦地裁判事はそれでは刑が重過ぎると判断した。

  マナフォート被告はまた、ウクライナ政府のためのロビー活動および証人への不当な干渉を巡る共謀について昨年9月に有罪を認め、これに対する量刑言い渡しが今月13日に予定されており、さらに10年程度の禁錮刑が科される恐れがある。

原題:Manafort Sentenced to Nearly Four Years for Bank, Tax Fraud
Manafort Sentenced to Less Than 4 Years for Bank, Tax Fraud (1)(抜粋)

(13日に予定される別の量刑言い渡しについて追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE