コンテンツにスキップする

月1回の抗HIV注射剤、実用化に向け前進-毎日投与の負担から解放

  • ヴィーブの2剤レジメン、経口3剤の1日1回投与と同様の効果
  • 米ギリアド・サイエンシズに対抗する取り組みに追い風

抗HIV治療で月1回投与の注射剤が来年の早い時期に発売される見通しとなった。毎日の経口投与の負担から患者を解放する。

  英グラクソ・スミスクラインと米ファイザー、塩野義製薬が出資するヴィーブヘルスケアは7日、抗HIV治療の注射剤2剤レジメンに関する2つの第3相試験のデータをシアトルで開催中の「レトロウイルスと日和見感染症会議(CROI)」で発表。それによると、月1回投与の注射剤2剤レジメンは、標準的な治療である1日1回の3剤経口投与と同様の効果を示し、両試験の主要評価項目が達成された。

  この2剤レジメンが承認されれば、患者にとって治療に必要な日数が年間365日から12日に減り、毎日服用する煩わしさから解放される。また年間260億ドル(約2兆9000億円)規模の市場で同業の米ギリアド・サイエンシズに対抗するグラクソの取り組みには追い風となる。

  この注射剤は米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の医薬品部門ヤンセンのリルピビリンを、ヴィーブが開発中のカボテグラビルと組み合わせたもの。1つの試験ではウイルス抑制率が約93%だったのに対し、3 剤経口レジメンは約96%だった。もう1つの試験ではウイルス抑制率がほぼ同じだった。

  ヴィーブは年内に当局に承認を申請する方針。同社の臨床開発の統括責任者キム・スミス氏は来年初めの投入を目指しているとインタビューで語った。

原題:HIV Drug Aiming to Free Patients From Daily Doses Nears Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE