コンテンツにスキップする

ベア型バイオETFの売買高が過去最高-FDA長官辞任のニュースで

  • Direxionベア3倍ETF、1日で2億2000万ドルの売買
  • iシェアーズのバイオETFは今年最大の資金流出

米食品医薬品局(FDA)のスコット・ゴットリーブ長官が辞任するとのニュースでバイオ株は急落し、上場投資信託(ETF)の投資家も素早く反応した。

  DirexionデイリーS&Pバイオテック株ベア3倍ETF(銘柄コード:LABD)の6日の売買高は過去最高の1050万口に達した。これは過去1年間の1日当たり平均の5倍余り。売買代金は2億2000万ドル(約250億円)余りに膨らんだ。運用資産1億5900万ドルの米国籍の同ETFはS&Pバイオテクノロジー・セレクト・インダストリー指数のマイナス3倍となる投資成果を目指すもの。

  ゴットリーブ長官辞任のニュースは米国の医薬品承認プロセスの不透明感を強め、5日午後遅くのバイオ株の売り材料になった。逆張りで利益を得ようと投資家が急ぐ中で、LABDは急伸した。

  一方、iシェアーズ・ナスダック・バイオテクノロジーETF(銘柄コード:IBB、運用資産79億ドル)とSPDR・S&PバイオテックETF(同XBI、41億ドル)も6日、平均売買高の2倍を超える取引があった。IBBからこの日流出した資金は1億2000万ドル強と、1日としては今年最大だった。

Bearish leveraged ETF saw largest volume on record Wednesday

原題:Biotech ETF Sees Record Volume After FDA Commissioner Resigns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE