コンテンツにスキップする

シタデルの株式部門アプティゴンが閉鎖、トップ退社へ-関係者

ヘッジファンド運営会社のシタデルは株式部門のアプティゴン・キャピタルを閉鎖し、同部門を率いるエリック・フェルダー氏は退社する。事情を知る関係者が明らかにした。

  匿名を条件に取材に応じたこの関係者によると、1年前にアプティゴンの責任者に起用されていたフェルダー氏は、7日付で退社する。アプティゴンで資産運用を担当した社員の大半は、シタデルの他の株式部門に異動となる。異動先はシタデル・グローバル・エクイティーズやサーベイヤー・キャピタル、アシュラー・キャピタルなどだという。

  フェルダー氏は2017年にシタデルに入社し、ファンダメンタル・ストラテジーズと呼ばれるグループを始動させた。同グループは今年、他のグループに再編された。

  シタデルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Citadel’s Aptigon Stock Unit Said to Close, Felder Leaving (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE