コンテンツにスキップする

ECB、新たな長期オペ開始へ-金利は少なくとも19年末まで据え置く

  • 新たな長期リファイナンスオペは9月に開始、2年物資金を供給
  • ドラギ総裁、最新の経済予測公表へ-下方修正の見込み

欧州中央銀行(ECB)は7日、新たな長期リファイナンスオペ(LTRO)を開始すると発表した。金利ガイダンスも変更し、少なくとも2019年末まで据え置くと表明した。景気減速の中で金融緩和脱却の計画変更を余儀なくされた。

  ECBは9月から、市中銀行への長期資金供給を再開する。政策金利は据え置き、年末まで現行水準に維持すると表明。これまでのガイダンスから、据え置き期間を数カ月延長した。

  ECBは昨年末で債券購入プログラムを終了させたばかり。これまでは夏の終わりまで金利を据え置くとし、年内の利上げ開始を示唆していた。保護主義やポピュリズム台頭の中でドイツやイタリアなどユーロ圏域内の経済大国で景気が減速し、ECBは政策正常化のペースを緩めざるを得なかった。

  ドラギ総裁は記者会見時に最新のECB経済予測を公表する。ブルームバーグ・ニュースは6日、19年のインフレおよび成長見通しが大幅に下方修正されると報じていた。

  ECBは銀行に融資を促すことを意図し、条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)を復活させる。前回のプログラムで域内銀行は7000億ユーロ余りを借り入れていた。14年発表の初回と16年の第2弾に続き、今回はTLTRO3となる。

  発表によると、新たなTLTROは19年9月から21年3月まで実施し、期間2年の資金を市中銀行に供給する。金利は満期までリファイナンスオペの最低応札金利に連動する。

  TLTRO再開の発表を受けてユーロは3週間ぶり安値となり、銀行株は下げ幅を縮めた。フランクフルト時間午後2時10分現在、ユーロは0.3%安の1.1275ドル。

Sooner Than You Think

The biggest chunk of ECB’s TLTRO program will mature in June 2020

Source: ECB

原題:ECB Unleashes Support Package for Economy Threatened by Slowdown(抜粋)
ECB to Launch New Round of Targeted Longer-Term Loans to Banks
ECB Unleashes Support Package for Economy Hurt by Slowdown (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE