コンテンツにスキップする

中国:PE、ヘッジファンドへの規制強化を検討-関係者

中国は12兆7000億元(211兆5000億円)規模に上るプライベートファンド業界に対して規制を強化する方針だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。金融リスクを抑える狙いがある。

  草案が公表されていないことから匿名を条件に語った関係者によると、中国証券投資基金業協会(AMAC)は新規則で、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルファンドが金融商品を登録するに当たり、それ以前に1000万元以上の資本を調達しておくことを義務付ける。これまで中国ではより少額の資本でファンドを開始することが多く行われていたが、この慣行に歯止めをかける。この案の下で、プライベートエクイティー(PE)、資産配分ファンドなどは従来よりも多額の資本を調達する必要が生じる。

  新規則ではさらに、単一プロジェクトへの投資額上限をファンド資産の20%に設定し、あらゆるファンドについて資産運用会社とその従業員による共同投資の比率を20%未満に抑えることを定めると、関係者は述べた。新規則はまだ協議中で、修正される可能性もあるという。

  AMACにファクスでコメントを要請したが、今のところ応答はない。この新規則については、中国証券報が先に報じていた。

原題:China Said to Mull Tougher Rules on Private Equity, Hedge Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE