コンテンツにスキップする

フェイスブック、プライバシー重視の製品開発へ-ザッカーバーグ氏

  • プライバシーに関して機能を再構築する方針
  • 投稿が暗号化され閲覧可能時間を限定させる製品開発進める

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は6日、同社の製品開発の将来について、個人重視で閲覧可能時間を限定的とし、暗号化したコミュニケーションに注力する姿勢を示した。オープンな情報共有を土台に事業を構築してきた会員制交流サイト(SNS)企業の同社にとって、大きな方向転換を意味する。

  ザッカーバーグ氏はブログで、フェイスブックやインスタグラムが提供するデジタルな「町の広場」に代わり、もっと親しいグループ内やプライベートなオンライン空間でやりとりしたい人が増えるだろうと指摘。そうした需要に応えるため、世界最大のSNS企業である同社は提供している機能の多くを再構築するとし、デジタルなコミュニケーションで著しく伸びていく分野については、より小さい規模でのグループやより個人的な交流、閲覧時間が限定される投稿になるとの認識を示した。

  同氏は「フェイスブックがこうしたプライバシーに配慮したプラットフォームを構築できるとか、その意向さえあるとは多くの人は思わないと理解している。率直に言って、プライバシー保護サービスで当社は現在芳しい評判を得ておらず、これまでもっとオープンな情報共有のツールに力を注いできたからだ」と記述。その上で、「プライベートなメッセージやストーリーなど、人々が本当に望むサービスの構築に向けて当社は進化できると繰り返し示してきた」と付け加えた。

原題:Zuckerberg Says Facebook to Focus on Private Communication (2)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE