コンテンツにスキップする

サマーズ元米財務長官:米欧は日本と同様の経済問題抱えるリスク

  • 金利は今後何年間も超低水準にとどまる可能性-リポートで指摘
  • サマーズ氏は一段と大きめの財政赤字の容認も必要と主張

サマーズ元米財務長官は、米国と欧州が日本の経験と同じような経済問題を抱えるリスクがあるとして、財政・金融および構造の各分野で力強い政策を講じる必要があると、最新の調査リポートで訴えた。

  サマーズ氏はイングランド銀行(英中央銀行)のシニアエコノミスト、ルーカス・レイチェル氏と共同で執筆したリポートで、人口高齢化や所得不均衡の拡大、生産性の伸び悩みなどを背景に、先進諸国の金利は今後何年間も「極めて低い」水準にとどまる公算が大きいと指摘した。

  サマーズ、レイチェル両氏は「超低水準の均衡金利が半恒久的な特徴であるかのうような日本の経験を、他の先進国・地域が繰り返す恐れがある」と記した。リポートは7日、ブルッキングズ研究所で紹介される。

  政策当局者は「財政赤字の許容度拡大や非伝統的金融政策、民間投資促進のための構造措置を何らかの形で組み合わせる必要があるだろう」と、両氏は付け加えた。

サマーズ元米財務長官:「現代金融理論」に「重層的な誤り」指摘

原題:Summers Sees Risk U.S. and Europe Will End Up Mirroring Japan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE