コンテンツにスキップする

英労働党コービン党首、保守党議員と共通のEU離脱アプローチ模索

  • コービン氏は保守党のレトウィン、ボールズ両議員と協議-関係者
  • EU離脱ビジョンで議会過半数の支持獲得目指す

英最大野党・労働党のコービン党首は6日、与党保守党で英国の穏健な欧州連合(EU)離脱を支持する議員と共通のアプローチを築くため会談した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  野党党首と保守党の元閣僚オリバー・ レトウィン議員とニック・ボールズ議員との協議は約75分間続き、前向きで詳細にわたった。会談は非公開だったとして関係者が匿名を条件に話した。

  今回の会談は来週行われる採決でメイ英首相がまとめた離脱案が否決された場合に、コービン党首が自らの英EU離脱ビジョンについて議会で過半数の支持を獲得して推進できるようにする動きを示唆している。同党首は英国をEUの関税同盟内にとどめ、単一市場のルールに緊密に連携させたい意向。ボールズ、レトウィン両議員は英国を単一市場にとどめながらも、より限定的な関税の取り決めにするノルウェー方式の協定を支持している。

原題:U.K.’s Corbyn Seeks Common Brexit Approach With Tory Lawmakers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE