コンテンツにスキップする
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

ウォール街の大手銀、ストレステストの負担減へ-FRBが緩和策公表

  • FRB、年次健全性審査の質的評価部分の重要性を引き下げ
  • ドイツ銀やバークレイズなど外銀は引き続き質的評価の対象に
relates to ウォール街の大手銀、ストレステストの負担減へ-FRBが緩和策公表
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)は6日、大手金融機関に対するストレステスト(健全性審査)で最も負担の大きい側面の1つについて緩和する方針を公表した。大手銀の一部は毎年抱えていた不安の1つが晴れる見通しだ。

  FRBの発表によると、大手米銀は健全性審査の質的評価部分が今後、ストレステストの合否を左右する要因にはならなくなる。ただ、過去にそのハードル突破に苦戦したドイツ銀行などの一部外銀は引き続き質的評価の対象となる。

  同審査の質的部分は、各銀行が危機下で資本を管理する能力を評価する。大手米銀はストレスが想定されるシナリオで最低資本水準を維持できるかどうかを見極める量的部分の審査に引き続き合格することが必要。FRBが先月公表した最新のシナリオは、これまでで最も深刻な不況を想定した。

  FRBによると、バークレイズやクレディ・スイス・グループ、トロント・ドミニオン銀行、UBSグループなどの外銀は、質的部分の評価に4回合格すればその対象から外れる。質的側面の重要性を低下させる規制当局の決定にブレイナードFRB理事は反対票を投じた。

原題:Wall Street Gets Relief From Tough Aspect of Fed’s Stress Tests(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE