コンテンツにスキップする

加リチャードソン、キャノーラ対中輸出が禁止に-華為の問題に関連か

  • 中国への輸出許可が1日付けで失効、加政府からの通知で判明
  • 輸出許可が取り消されたのはリチャードソンだけだと同社幹部

キャノーラ(菜種)輸出でカナダ最大手のリチャードソン・インターナショナルは中国当局が同社からの輸入停止を決めたことについて、中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の幹部逮捕を巡る両国の外交関係悪化に関連している可能性があると示唆した。

  リチャードソンは、中国へのキャノーラ輸出許可が取り消されたとカナダ政府から1日に通知を受けたと発表。他の輸出業者の間で同様の措置に直面する可能性があるとの懸念が広がった。カナダは世界一のキャノーラ生産国で、輸出先の約40%を中国が占める。

  これにより、両国間の緊張がさらに高まる恐れがある。カナダ当局は昨年12月1日、米国の要請に基づき華為の孟晩舟最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕。中国は9日後にカナダ人2人を本土で拘束し、その後もカナダ領事館との接触を制限している。

  リチャードソンの幹部であるジャンマルク・ルーエ氏は6日の電話インタビューで、同社のキャノーラが基準を満たしていないなどとする中国からの苦情を受け、カナダ政府と共に対応に取り組んできたと説明。これまでに輸出許可が取り消されたのは同社だけだと指摘した。中国側の主張は「事実無根」で、輸出禁止の決定に「驚き、非常に失望している」とも述べた。

  一方、中国外務省は「根拠は十分ある」として、今回の措置を擁護。陸慷報道官は北京での記者会見で、同国の税関当局がカナダ産キャノーラに関する最近の検査・検疫問題を認識していると述べた。

原題:Canola Giant Says China Restrictions May Be Linked to Huawei(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE