コンテンツにスキップする

米FRB:カウンターシクリカル資本バッファー、発動見送りを決定

  • ゼロに据え置きに賛成4、反対1-ブレイナード理事が唯一反対
  • カウンターシクリカル資本バッファーはストレス吸収が目的

米連邦準備制度理事会(FRB)は6日、貸付損失が生じた場合に備え、大手銀行にその吸収のための資本上積みを求める仕組みであるカウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)について、発動しないことを決めたと発表した。

  FRBの発表によれば、同資本バッファーをゼロに据え置くことを賛成4、反対1で決定。唯一反対票を投じたのはブレイナード理事だった。FRBは毎年、この件を巡り採決することになっている。

  FRBは「今回の決定に当たり、米国における民間部門の信用エクスポージャーについて、CCyB設定ための政策指針で詳述した枠組みに従った」と6日の発表文で説明した。

  ブレイナード理事は昨年12月、「シクリカルな圧力が高まるとともに、銀行の収益性が強い」ことを踏まえ、バッファーを引き上げるのが賢明であるかもしれないと述べていた。

原題:Fed Votes Against Activating Tool Aimed at Safeguarding Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE