コンテンツにスキップする

ブラックストーン、旗艦ファンドの調達額が2.2兆円に近づく

  • ファンドの調達額は過去最高に近づいているが上限はまだ設定せず
  • ファンドの第一次募集完了は3月か4月上旬になる可能性
Blackstone Group LP headquarters stands in New York, U.S., on Friday, April 14, 2017.
Blackstone Group LP headquarters stands in New York, U.S., on Friday, April 14, 2017. Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg
Blackstone Group LP headquarters stands in New York, U.S., on Friday, April 14, 2017.
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社の米ブラックストーン・グループは、旗艦ファンドの資金調達の第1段階終了時、調達額が約200億ドル(約2兆2300億円)に達すると予想している。PE需要がまだ衰えていないことが示唆された。

  同社は投資家に対し、8番目となる今回のバイアウトファンドの第1次募集完了が3月か4月上旬になる可能性があると通知した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ブラックストーンは同社のバイアウト(買収)ファンドとしては過去最高の調達額に近づいているが、ファンドの規模にまだ上限は設定していない。

  ブラックストーンや同業他社は力強いPE需要の恩恵を受けている。PEのパフォーマンスは他の資産クラスやヘッジファンドを上回っている。

ブラックストーン、旗艦ファンドの調達額が2.2兆円に近づく

(出典:ブルームバーグ)

  8番目のファンドについてブラックストーンは昨年から投資家候補に接触し、200億ドル超の調達を目指すと見込まれていた。  

  ブラックストーンの広報担当者マシュー・アンダーソン氏はコメントを控えた。

原題:Blackstone Is Said to Near $20 Billion for Flagship Buyout Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE