コンテンツにスキップする

MUFG、クレディS抑え獲得した5億ドル相当のディールでつまずく

  • この取引はMUFGに約1500万ドル相当の損失につながる可能性
  • CNXのハイイールド債発行でMUFGは初の単独ブックランナー
Inside the Mitsubishi UFJ Financial Group Headquarters Ahead of Earnings
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Inside the Mitsubishi UFJ Financial Group Headquarters Ahead of Earnings
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は米債券市場での事業拡大を推し進めているが、ドル建てのハイイールド債で単独の引受業者となる初の試みはあまり順調にいかなかった。

  同行の証券部門は石油・ガス探査会社CNXリソーシズから5億ドル(約558億円)相当の債券を直接買い取った。後日、投資家に分けて販売する計画だった。

  事情に詳しい複数の関係者によると、同行はディール価格を基本的に保証する決定をすることで、既に投資家需要の調査を始めていたクレディ・スイス・グループを制することができたという。CNXリソーシズが他行により良い条件を求めたのを受け、MUFGはクレディ・スイスがディール獲得に向けて提案していたよりもかなり積極的な水準でこの債券を購入した。

  しかし、投資家の関心は薄かった。MUFGは結局、一部を97セントに割り引いた価格で売却したほか、一部を手放していないと関係者は述べた。これは同行にとって約1500万ドルの損失に相当し、増える可能性もある。この損失の一部は未実現で、まだ回復の可能性もある。

  MUFGとクレディ・スイス、CNXの担当者はコメントを控えた。

  ブルームバーグが少なくとも2005年にさかのぼるデータを集計したところによると、このディールはMUFGが米ジャンク債(高リスク・高利回り債)で初めて単独でリードブックランナーを務めた案件だった。

原題:MUFG Beats Credit Suisse to $500 Million Deal Only to Stumble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE