コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ボルカー・ルール見直し案、銀行側の異議でやり直しか-関係者

  • 米金融規制当局は「ボルカー2.0」と呼ばれる見直し案の修正へ
  • 見直し案は現行バージョンより負担大きいと銀行側が反発
A pedestrian walks up Broadway near the New York Stock Exchange.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米金融規制当局はウォール街のロビイストから批判を招いた事態に対応し、銀行のトレーディングに関するボルカー・ルールの見直し案を破棄し、より新しい案を推進する見込みだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  米連邦準備制度理事会(FRB)など金融規制当局は、「ボルカー2.0」と呼ばれる見直し案の修正に取り組んでおり、各機関は再提案が必要になる公算が大きい。プロセスは未公表だとして関係者2人は匿名を条件に話した。当初の見直し案破棄についてはまだ最終決定されていないという。

  昨年の提案策定に当たり、各機関は自己勘定取引として禁止を検討する取引について新たな基準を挿入した。その措置についてバンカーからは、現行バージョンよりもさらに負担が大きいとして激しい反発を招いていた。

  通貨監督庁(OCC)のブライアン・ハバード報道官は、ボルカー・ルールの再提案に関する決定はまだ行われていないと説明。FRBの広報担当、エリック・コリグ氏はコメントを控えた。他の機関の広報担当者に取材を試みたが、現時点で返答はない。

  同ルールの見直しは、連邦預金保険公社(FDIC)や米証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)など5つの連邦機関による承認が必要。

原題:Volcker 2.0 Is Said to Face Do-Over After Wall Street Complaints(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE