コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル続伸、対円は下落-加ドルは中銀ハト派で安い

更新日時

6日のニューヨーク外国為替市場では、カナダ・ドルが大幅安。カナダ銀行(中央銀行)が、今後の利上げ時期に関する不確実性が高まっていると指摘したことが背景。米ドルの指数は6営業日続伸。ただドルは対円では下落した。

  • カナダ・ドルは0.7%安。カナダ中銀は、景気が予想以上に減速する中で不確実性の高まりを指摘。ただ政策金利は市場の予想通り1.75%で据え置いた
  • ブルームバーグのドル指数は0.2%上昇。ドルは主要通貨に対して高安まちまち。2018年の米貿易赤字は10年ぶり高水準に拡大し、2月の米民間企業雇用者数の伸びは市場予想を下回った
  • ユーロはほぼ変わらずの1ユーロ=1.1310ドル。欧州中央銀行(ECB)当局者は7日に公表する最新の経済予測で域内の景気見通しを引き下げる公算だとの報道を受けて、ユーロはこの日の安値に下げたが、その後回復した。匿名を条件に述べた関係者によると、引き下げ幅は銀行向けの新たな資金供給オペ実施を正当化できる規模になる
  • ドルは対円では0.1%安の1ドル=111円77銭。一時111円62銭とこの日の安値を付けた。この日のドル・円相場は、クロス取引や利益確定の動きが主に影響した
  • 2018年の米貿易赤字は6210億ドルに拡大。貿易赤字を削減するというトランプ大統領の約束に反する格好となった
  • ADPリサーチ・インスティテュートが発表した2月の米民間雇用者数は18万3000人増。市場予想は19万人増。前月は30万人増に上方修正
  • ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、米経済成長が減速する中、金融当局は次の措置に動く前に様子見し、今後発表されるデータを待つことが可能だとの認識を示した
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では、景気判断が下方修正。大半の地区が景気は「わずかないし緩やか」に拡大したと報告した

欧州時間の取引

  欧州時間にはオーストラリア・ドルが下落。2カ月ぶり安値を付けた。経済データが予想を下回ったことに反応した。カナダ・ドルも、中銀の政策決定を控え軟調な展開。そうした中で米ドルは堅調に推移した。

原題:Dollar Rally Gains Steam as Dovish BOC Sinks Loonie: Inside G-10(抜粋)
Aussie Hits Two-Month Low, Loonie Drops Before BOC: Inside G-10

(欧州時間の取引を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE