コンテンツにスキップする

米NY連銀総裁:金融当局は辛抱強く待つことが可能-成長減速で

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、米経済成長が減速する中、金融当局は次の措置に動く前に様子見し、今後発表されるデータを待つことが可能だとの認識を示した。

  総裁は6日、ニューヨークで講演。事前に配布された原稿によれば、「基本的な見通しは良好だが、さまざまな不確実要素が大きな存在として迫りつつある」と指摘。「従って、柔軟になり、われわれのアプローチを導くデータを待つことは可能だ」と述べた。

  経済成長率については2%程度に鈍化すると予想。自身が考える潜在成長率に一致するとの見解を示した。米経済の重しとなる要因については、市場の混乱や世界の成長減速、英国の欧州連合(EU)離脱、米中の貿易問題などを挙げた。

  ウィリアムズ総裁は「昨年遅くに起きた金融状況の引き締まりは、今年の消費者と企業の支出を抑制する可能性が高い」とし、「実際のところ、住宅建設に関しては既に減速が続いており、これは資金調達コストの悪化も一部反映している」と指摘した。

  また、現在のフェデラルファンド(FF)金利水準2.4%は「ちょうど中立」だとし、「力強い労働市場、緩やかな成長、顕著なインフレ圧力の兆候が見られない状況を考えると、基本的な見通しは極めて良好といえる」と述べた。

原題:Williams Says Fed Can Afford to Be Patient Amid Growth Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE