コンテンツにスキップする

GE株が続落、キャッシュフロー赤字見通しで懸念が再燃

6日の米市場では米ゼネラル・エレクトリック(GE)の株価が続落。一時は前日比8.5%安となった。前日明らかにした、2019年の工業部門フリーキャッシュフロー(純現金収支)が赤字になる見通しが引き続き材料視された。

  メリアス・リサーチはGEの目標株価を引き下げた。JPモルガン・チェースのアナリスト、スティーブン・トゥサ氏は、ウォール街で最も低い自身の目標株価(6ドル)も今となっては気前が良すぎる印象だと述べた。電力事業の不振に拍車が掛かり、会社再建に必要な資金を吸い上げてしまうリスクが意識されている。

  「19年の現金流出は大きくなる、極めて大きくなる」と、メリアスのアナリスト、スコット・デービス氏はリポートで指摘した。

  JPモルガンのトゥサ氏はリポートで、GEの電力事業を「破綻した事業」と形容。「マクロ、ミクロ、そして同社特有の圧力要因のほか、長期の構造的な不確実性が存在しており、それらを修復するのは高くつく」と説明した。同氏は昨年12月にGEの投資判断を「中立」に引き上げたが、現在はアナリストの多くが引き続きGEの見通しを楽観し過ぎていると指摘。同社が抱える問題が幅広く収束するまで「株価の底入れはないと考える」と記した。

原題:GE Plunges Again as Cash Worries Mount, Threatening Culp’s Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE