コンテンツにスキップする
Photographer: Nicky Loh

テンセント出資のネット企業シー、米で1500億円規模の公募増資

  • シーは1ADR当たり22.50ドルで6000万ADR発行
  • テンセントの関連会社などが630万ADR購入の見通し
Employees play pool during their lunch break in the pantry at the Garena Interactive Holding Ltd. headquarters in Singapore, on Thursday, Aug. 25, 2016. Garena, a gaming and e-commerce empire that is now Southeast Asia's largest startup, is a Singapore-based company that's valued at more than $3.75 billion.
Photographer: Nicky Loh

東南アジア最大のゲームプラットフォームを運営するシンガポールのインターネット企業シーは5日、13億5000万ドル(約1500億円)規模の公募増資を発表した。当初の計画から規模を拡大した。

  シーは1米国預託証券(ADR)当たり22.50ドルで6000万ADRを発行。発表資料によると、中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)の関連会社やシーの取締役と関連がある別の会社がこの条件で630万ADRを購入する見通しだ。テンセントはシーの主要株主。

  シーは当初、5000万ADRの発行を計画していた。ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーが共同ブックランナーを務め、公募増資は8日に完了する予定。

原題:Tencent-Backed Sea to Raise $1.35 Billion in U.S. Share Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE