コンテンツにスキップする

J&JのエスケタミンをFDA承認-重度うつ病に即効性の治療選択肢

  • うつ病治療で画期的な新薬承認は「プロザック」以来
  • セージやアラガンも効き目が早い抗うつ剤の試験を進める

米食品医薬品局(FDA)は5日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の医薬品部門ヤンセンが開発したスプレー式点鼻剤「SPRAVATO」(一般名:エスケタミン)を成人の治療抵抗性うつ病(TRD)患者の治療で経口抗うつ剤と併用することを承認した。治療方法を劇的に変える可能性があり、重度のうつ病患者にとって即効性のある新しい治療選択肢が提供されることになる。

  エスケタミンは麻酔作用などがあるケタミンの鏡像異性体で、うつ症状を迅速に緩和する効果がある。J&Jの電子メールによると、コストは最初の1カ月が4720-6785ドル(約53万-76万円)、その後は月額2360-3540ドルに下がる。

  この分野での画期的な新薬の承認は1987年の「プロザック」以来で、即効性のある新たな薬の先駆けになる可能性がある。従来の抗うつ剤は効き目が出るまでに数週間かかることが多く、全ての患者に効果があるわけではない。セージ・セラピューティクスやアラガンといった企業も即効性のある抗うつ剤の試験を進めている。

原題:Johnson & Johnson’s Fast-Acting Depression Drug Is Approved (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE