コンテンツにスキップする

サムスン電子、折り畳み式スマホの追加機種を計画

  • 新しい市場セグメントで先行した優位の拡大を目指す
  • 折り曲がるタイプのスマホにどの程度の需要があるかまだ分からない

韓国のサムスン電子は折り畳み式のスマートフォンの新機種の投入を目指し取り組んでいる。「ギャラクシー・フォールド」に続いて2機種を投入し、新しい市場セグメントで先行した優位の拡大を目指す。

  関係者が内部情報だとして匿名を条件に述べたところによると、サムスンは上から下へたたむタイプと、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の「Mate X」と同じように外側へたたむタイプを開発している。サムスンが4月に発売を予定するギャラクシー・フォールドはノートパソコンのように内側に折りたたむタイプ。

  折り曲がるタイプのスマホにどの程度の需要があるかはまだ分からないが、サムスンなどメーカー各社は米アップルに対する優位を目指し模索している。

  サムスンの広報担当者は新たな折り畳み式スマホの計画についてコメントを控えた。

Inside The Samsung Electronics Co. Unpacked 2019 Product Launch Event

2月20日にギャラクシー・フォールドを発表

写真家:David Paul Morris /ブルームバーグ

原題:Samsung Is Said to Be Preparing More Foldable Smartphone Models(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE