コンテンツにスキップする
Photographer: Tim Rue

トランプ氏、「関税の男」から「1000億ドルの男」に-6日貿易統計発表

  • 2018年の米貿易赤字、6000億ドルを上回る見通し
  • 大統領就任後の2年間で赤字が1000億ドル強拡大したことを意味
A tugboat helps guide a Mediterranean Shipping Co. (MSC) ship loaded with freight containers in this aerial photograph approaching the Port of Long Beach in Long Beach, California, U.S., on Friday, Feb. 1, 2013. The U.S. Census Bureau is scheduled to release trade balance figures on Feb. 8.
Photographer: Tim Rue

トランプ米大統領は昨年12月、自分は「タリフマン(関税の男)」だと述べたが、このまま行くと「1000億ドルの男」になりそうだ。

  昨年11月までの傾向が続き、エコノミスト予想が正しければ、6日に公表される米貿易統計が示すモノとサービスの昨年1年間の貿易赤字は6000億ドル(約67兆円)を上回る見通し。これはトランプ大統領就任後の2年間で米貿易赤字が1000億ドル強拡大したことを意味する。

  またトランプ大統領自身の指標を使えば、米国の暮らし向きは政権発足直前の2016年末から20%悪化したことになる。

  エコノミストは米貿易収支の問題に深く立ち入るのを好まない。貿易収支は概して会計上の目安であり、経済の健全性とは反対の方向に動くこともままある。

The $100 Billion Man

U.S. trade gap on track to rise by that amount in Trump's first two years

Note: 2018 est. is based on Bloomberg survey of economists for Dec. deficit

Source: U.S. Commerce Department

原題:Tariff-Man Trump to Preside Over $100 Billion Jump in Trade Gap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE