コンテンツにスキップする

豪州:10-12月のGDP予想下回る、個人消費低迷-豪ドル下落

オーストラリア統計局が6日発表した昨年10-12月(第4四半期)の国内総生産(GDP)は前期比0.2%増と、エコノミスト予想の中央値である0.3%増を下回った。個人消費の低迷が続き、住宅建設が落ち込んだ。政府支出が景気下支えで主要な役割を果たしている。

  10-12月期のGDPは前年同期比では2.3%増と、やはり予想の2.6%増にとどかなかった。家計の支出は前期比0.4%増。貯蓄率は2.5%だった。

  豪ドルは下落し、シドニー時間午前11時34分(日本時間同9時34分)時点、1豪ドル=0.7056米ドル。統計発表前は0.7088米ドルだった。

原題:Australia’s Economy Grows Less Than Expected; Currency Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE