コンテンツにスキップする

配車サービスのグラブ、ソフトバンクVFから14.6億ドルを調達

東南アジアの配車サービス最大手、シンガポールのグラブはソフトバンクグループのビジョン・ファンドから約14.6億ドル(約1634億円)を新たに調達した。東南アジアでの事業拡大を加速する。

  発表によると、ソフトバンクGの出資により今回の調達額の合計は45億ドルを上回る。出資企業にはトヨタ自動車やヤマハ発動機なども含まれる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE