コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

英合意なき離脱の確率9%-9割は延期か首相案可決、ポンド上昇へ

  • メイ首相案を議会が可決ならポンドにとって最良のシナリオ
  • ポンド相場は現在、延期を織り込んでいるが確認なら一段高へ
Anti-Brexit campaigners wave a European Union flag and a Union Jack, also known as a Union Flag, during a protest near the Houses of Parliament in London, U.K., on Wednesday, Feb. 27, 2019. Leading Brexit purist Jacob Rees-Mogg, who has opposed U.K. Prime Ministers Theresa May's exit deal, appears to be softening his stance, making it more likely that the divorce agreement could win Parliamentary approval next month.
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

ポンドは今年、ドルに対して約3%、対ユーロでは5%程度上昇してきた。合意なき欧州連合(EU)離脱の懸念が後退するに伴い、今後さらに上昇するとストラテジストらはみている。

  ブルームバーグが銀行16行を対象に実施した調査によると、3月末に英国が合意なしにEUを離脱する確率はわずか9%とみられている。離脱延期の可能性は54%、メイ英首相の合意案が議会で可決される確率は37%とされ、いずれの場合もポンドは上昇する見込みだ。

Reading the Tea Leaves

Strategists see an almost 40 percent chance May’s deal will pass

The banks whose forecasts were included in the survey are: Aberdeen, ABN Amro, BBVA, CBA, CIBC, Credit Agricole, Credit Suisse, Deutsche Bank, ING, Mizuho, Nordea, Rabobank, RBC, Societe Generale, Standard Chartered and UniCredit.

Note: Percentages are average, while levels used are median of survey results.

  調査回答者らは、離脱延期の場合ポンドが1.33ドルまで上昇すると予想。首相案が下院を通過すればポンドにとって最善のシナリオで、1.38ドルへの上昇が見込まれる。これは2018年4月以来の高値となる。

  ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、ケネス・ブルー氏は、「時間切れが迫っているという認識のおかげで、風向きは少し追い風になってきた」と述べた。 「ポンド相場は現在、リスボン条約50条の適用延長を事実上織り込んでいるが、確認されれば短期的には一段と上昇するだろう」と語った。

  ブルームバーグは16の銀行を対象に調査。5日のポンド相場は1.3190ドル前後。

What’s Next for Brexit?

原題:Pound Set for Further Strength If Pundits Are Right on Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE