コンテンツにスキップする

ギリシャ:9年ぶりに10年債発行へ、旺盛な需要集める-関係者

  • 発行額は25億ユーロ、利回り3.9%で目標より低く設定
  • ムーディーズ、先週末にギリシャ格付けを2段階引き上げ

ギリシャ政府は10年債を25億ユーロ(約3160億円)相当発行することで合意した。10年債の発行は9年ぶり。経済に深い傷を負わせた金融危機からの回復過程で、重要な節目を迎えた。

  匿名の関係者が5日に語ったところによると、ギリシャ政府はシンジケート団を通じて2029年償還債を発行する。発行時の利回りは3.9%で、目標としていた4.13%前後を下回り、投資家の注文は118億ユーロを超えたという。

Greek bonds have rallied this year following a tough 2018

  ギリシャは昨年夏に金融支援プログラムを脱却し、今年1月には5年債を25億相当ユーロ発行。この発行成功で、10年債発行への道が開かれた。今夏に総選挙を控えるチプラス首相は、国債発行を金融危機からの経済立ち直りを示す証拠だと指摘していた。

  1日にはムーディーズ・インベスターズ・サービスが、ギリシャのソブリン格付けを「B3」から「B1」に2段階引き上げた。投資適格級の格付けからはまだ4段階低いものの、政府の債券発行計画には新たな追い風となった。

原題:Greece to Sell 10-Year Bonds for First Time Since Before Bailout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE