コンテンツにスキップする

レンタカーのハーツ、株価大幅安ーアイカーン氏が持ち株縮小

5日の米株式市場でレンタカー会社のハーツ・グローバル・ホールディングスが売りを浴びている。同社最大の株主でアクティビスト(物言う株主)のカール・アイカーン氏が持ち株の一部を手放したことが手掛かりとなった。

  アイカーン氏は5日、前日にハーツ株約500万株を売却したことを当局に届け出た。これより先、事情に詳しい関係者がブルームバーグに対し、モルガン・スタンレーが計500万株の買い手を取りまとめていたことを明らかにした。売却価格は1株当たり19.60ドルと、ハーツの前日終値を約2%下回る水準だった。同社株は5日に一時14%安と、昨年5月以来の大幅安となった。

  アイカーン氏はなおハーツ株2400万株以上を保有しているが、トレーダーの1人は同氏の株式売却を受けて、ハーツが身売り先を見つける可能性は低下したと受け止められることもあり得ると述べた。アイカーン氏がハーツの発行済み株式30%超を保有していることから、市場では合併・買収(M&A)の臆測が高まっていた。

原題:Hertz Tumbles After Top Holder Icahn Slashes Stake Overnight (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE