コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 米国務長官の見解、ゴーン被告保釈へ、米国がインドに圧力
  • マネーロンダリングで新たな関与、ターゲットが楽観的見通し
Containers sit stacked at the Yangshan Deep Water Port in Shanghai, China, on Tuesday, July 10, 2018. China told companies to boost imports of goods from soybeans to seafood and automobiles from countries other than the U.S. after trade tensions between the world's two biggest economies escalated into a tariff war last week.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

ポンペオ米国務長官が米中の通商協議でトランプ大統領が完全な形での合意を望んでいることを明らかにしましたが、交渉の大きな進展は伝わらず、米国株は小動きになりました。昨年の秋以降、上値抵抗線となっている2800近辺で足踏みが続くS&P500種株価指数。ここをきれいに上抜くためには通商問題のすっきりした合意が必要なのかもしれません。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

背を向ける

トランプ大統領は中国との通商協議で「完璧なディール」を確保できない限り、合意に背を向ける構えだと、ポンペオ国務長官がシンクレア・ブロードキャスト・グループとのインタビューで語った。長官は「うまく行かないのであれば、われわれは声高に抗議を続ける」と発言。「われわれは正当な結果を得るつもりだ。私はそれを確信している。私は中国との通商交渉に携わっており、状況は良好にみえる」と述べた。

「私は無実だ」

東京地裁は東京拘置所に勾留されていた日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定をしたと発表。検察による準抗告も棄却し、ゴーン被告は早ければ6日にも保釈される可能性が出てきた。ゴーン被告は家族を通じて声明を発表。「私は無実であり、こうした事実無根で根も葉もない告発に対し、公正な裁判で徹底的に潔白を主張することを固く決意している」と表明した。

同盟国に冷や水

トランプ政権は4日、インドを途上国向けの一般特恵関税制度(GSP)の対象から外す意向を米議会に伝えた。影響を受けるのはインドからの輸入品の一部にすぎないが、インドは数週間後に総選挙を控える。パキスタンとの衝突を経て外交手腕と軍事力を選挙の売りにするモディ首相に冷や水を浴びせる形となり、米印関係が不安定化する可能性が高い。

関与銀行が拡大

不正なロシア資金などのマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとされる銀行がまた増えた。ロシア政権と敵対する投資家ビル・ブラウダー氏率いるエルミタージュ・ファンドはオーストリアのライファイゼン・バンク・インターナショナルに対し、ロシアの犯罪活動による資金の洗浄をやめるよう促す警告を複数回送ったものの無視されたと明らかにした。オランダ誌によると、同国の上位3銀行はいずれも疑わしいロシアの資金を扱っていた。

百貨店と好対照

米ディスカウントチェーン、ターゲットの株価が約2カ月ぶりの大幅高。楽観的な通期見通しを発表したのが手掛かり。同社は先にも年末商戦期の売上高の好調を明らかにしており、苦境にあるショッピングモール拠点の百貨店チェーンと好対照を成した。通期1株利益予想はアナリスト予想平均を上回る5.75-6.05ドル。

その他の注目ニュース
米ISM非製造業景況指数:予想上回る伸び、景気の健全さ示唆
ボストン連銀総裁:あと「数会合」は金利据え置き続く可能性を示唆
ギリシャ:9年ぶりに10年債発行へ、旺盛な需要集める-関係者

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE