コンテンツにスキップする

クリントン氏は20年米大統領選への出馬否定-意見表明は続ける

ヒラリー・クリントン氏は2020年の米大統領選への出馬の可能性を否定した。ただ、米国の二極化が進んでことを嘆いているとして、意見表明は続けると語った。

  クリントン氏は地元テレビ局ニュース12ウェストチェスターとのインタビューで、「私は出馬しない。だが今後も、私の信じることのために立ち向かって取り組み、意見表明していく」と述べた。

  16年の大統領選でトランプ氏に敗れた元国務長官のクリントン氏は、すでに林立状態にある民主党候補の多くに個人的に会ったとコメント。「現政権が破った約束や深刻な問題を列挙すれば多岐にわたり、それらを強調しなければならないが、いかなる事項も当然だと決めつけてはならないと、各自に語りかけた」とクリントン氏は話した。

  クリントン氏は「民主党がホワイトハウスを奪還するのを手助けするため、できる限りのことをするつもりだ」と語った。

原題:Clinton Rules Out 2020 Bid But Vows to Keep Speaking Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE