コンテンツにスキップする

アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

アボカドトーストやバナナのスムージーはもう食卓に上らない。新鮮なパルメザンチーズをすりおろしてパスタにかけるおいしさも忘れよう。代わりに、食事のたびに必ず出てくるのは牛乳とパン、ラムチョップとたくさんの豆だ。

  英国が貿易合意なしに欧州連合(EU)を離れれば、英国の食卓は産業革命時代に近くなるだろう。英国は食料品を大きく輸入に頼っている。農産品や食品の貿易が滞ればどうなるのか、英国人は今では想像するのも難しいだろう。

  合意なき離脱となったとしても食料輸入が完全に止まることはまずあり得ないが、食料品店や農家は最悪の事態に備えている。最悪の場合でも、少なくとも肉とジャガイモはたっぷりあるだろう。しかし「1日5種類」の果物と野菜は無理だ。そして、英国での端境期は、肉料理の付け合わせは乏しい状態が続くだろう。

  「食料はあるだろうが、サプライチェーンと物流が大きな変化に対応する必要があるだろう」と王立芸術協会の食料・農業・田園委員会のディレクター、スー・プリチャード氏は話す。「多分、英国の伝統的な肉と3種類の野菜という食事に回帰するしかないだろう」と言う。

  英国の食料自給率は約60%。人々が好む食品の多くが入手不可能になることも想定される。貿易のない世界で、スーパーマーケットの棚はどうなるだろうか。

relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

Photographer: Rob Dawson/Bloomberg

  牛乳は、風呂に入れるほどある。英国では毎週、国民1人当たり約1ガロン(約4.546リットル)の牛乳が生産されている。卵も主に国内で供給できる。

  しかし、アイルランドのバターやチェダーチーズは消えるかもしれない。チーズ好きはフランスのブリーとイタリアのパルメザンをあきらめなければならないだろう。


relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

Photographer: Rob Dawson/Bloomberg

  青物が少なくなり、英国で収穫できるものも特定の季節だけになりそうだ。英国で収穫できるイチゴは国民1人当たり1年に約4ポンド(約1.8キログラム)、ラズベリーは半ポンド、バナナは皆無だ。アボカドトーストもメニューから消える。

  エンドウ豆はたっぷりあり、ニンジンとビーツもほぼ1年中あるが、ブロッコリーは半年間しか食べられない。トマトは特別な日だけの食材だ。

  ラムは英国の畜産品の中で最大の輸出品なので、ラムチョップはいつでも食べられる。しかしフィッシュアンドチップスになるタラはノルウェーかアイスランドからの輸入が多い。2015年には90%が輸入だった。ちなみに、英国人が好む紅茶も輸入品だ。

relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

Photographer: Rob Dawson/Bloomberg

relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

Photographer: Rob Dawson/Bloomberg
relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

Photographer: Rob Dawson/Bloomberg
relates to アボカドとバナナにさようなら-合意なき離脱で英の食卓はこう変わる

Photographer: Rob Dawson/Bloomberg

原題:The No-Deal Diet: How Brits Would Eat If Brexit Shuts Off Trade(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE