コンテンツにスキップする

給料が高いバークレイズ元トレーダーへの反感戒め-陪審に判事が助言

  • 「大金を稼ぐからといって反感を持ってはいけない」と判事
  • トレーダーらはEURIBORの操作を巡り刑事責任を問われた

欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の操作を巡り刑事責任を問われた英銀バークレイズの元トレーダー3人に対するロンドンでの評決に先立ち、被告らの給料が高いことに偏見を抱かないよう判事が陪審を戒めた。

  マイケル・グレディル判事は4日に陪審員らに対し、「大金を稼ぐ人々に反感を持ってはいけない。銀行のために大金を生むという理由で雇用主がこの非常に専門的な分野の知識・技能に進んで大金を払うからといって、彼らを悪く思ってはだめだ」と語った。

  カルロ・パロンボ被告とコリン・バーミンガム被告、シス・ボハート被告は2005年1月から09年12月にかけて、EURIBORの操作に関与したとして起訴されたが、いずれも無罪を主張している。

  バークレイズの元トレーダー、フィリップ・モリウセフ被告とドイツ銀行の元トレーダー、クリスティアン・ビター被告に対する有罪認定で立証された共謀について、当事者として知る立場にあったかどうかに基づき判断すべきだとグレディル判事は陪審員らに助言した。

  だが陪審の評議では報酬が一定の重みを持つと考えられる。銀行のもうけを増やす手伝いをすることで被告らが金銭的利益を得ることができたとすれば、陪審にとってお金が重要な意味を持つ可能性があるとグレディル判事は指摘した。

原題:Don’t Fault Ex-Barclays Traders for Being Rich, Judge Tells Jury(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE