コンテンツにスキップする

バー米司法長官:モラー特別検察官のロシア疑惑捜査の監督を忌避せず

  • バー司法長官、職業倫理担当官の助言に従うと説明
  • トランプ大統領は忌避したセッションズ前司法長官を批判

バー米司法長官は2016年米大統領選へのロシアの介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査について、監督責任を忌避しないと述べた。トランプ米大統領に対する政治的な追及の行方を左右しかねない大きな動きだ。

  司法省のケリー・クペック報道官は「バー司法長官の指名承認以降、上級職業倫理担当官は特別検察官の捜査の監督を忌避すべきでないと助言した。その助言に従い、バー長官は忌避しないことを決めた」と説明した。

  クペック報道官はまた、今後数週間で退任するローゼンスタイン司法副長官が引き続きモラー特別検察官とバー長官の調整役だと付け加えた。

  先月司法長官就任を上院で承認されたバー長官がモラー特別検察官を監督すべきかどうかは、政治的な火種と化している。司法省の規則では、司法長官はモラー特別検察官に対して唯一の監督権を持ち、モラー特別検察官の最終報告をどの程度、議会に提出し公表するかを判断する権限がある。モラー特別検察官が近く最終報告をまとめるとみられる中、議会民主党は報告書とその証拠の開示を迫ると表明している。

President Trump Speaks On National Security And Southern Border

バー司法長官

撮影:Al Drago / Bloomberg

原題:Trump’s Attorney General Won’t Recuse Himself in Mueller Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE