コンテンツにスキップする

三菱UFJ国際投信、スペイン債を購入-選挙リスクに立ち向かう

  • スペイン債は1月末時点でグロソブ資産の12.3%を占めていた
  • 選挙後に投資家はスペイン経済の強さに目を向けるだろう-樋口氏

スペインは4年間で三回目の総選挙に向かっているが、三菱UFJ国際投信はその政治的不透明にもかかわらず、スペイン債を購入している。

  一部のユーロ圏主要国に比べてスプレッドが大きく経済ファンダメンタルズも良好なため、スペイン債はアウトパフォームする可能性があると、三菱UFJ国際投信債券運用部の樋口達也エグゼクティブ・チーフファンドマネジャーは述べた。スペイン債は1月末時点で、同社旗艦ファンドのグローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)資産の12.3%を占めていたという。これは投資先として米国債に次ぐ大きさだ。

  樋口氏は、スペインでは少数与党政権が続いていたので、総選挙によって政治リスクが大きく高まったとは考えていないと説明。利回りはあらゆる資産で低下しており、現水準のドイツ国債には投資できないが、スペイン債にはまだ妙味があると語った。

  国内の利回りはマイナスとなり高いドルヘッジコストが米国債投資のリターンを押し下げる中で、欧州が日本のファンドの投資先として浮上した。スペインの比較的高い成長率と低いボラティリティーは魅力のある組み合わせだ。

  日本の投資家にとって、過去1年のヘッジ後のスペイン債のリターンは米国債やドイツ国債を上回る。スペイン債とドイツ債のスプレッドは総選挙実施についての2月15日の発表をトレーダーが消化したことで縮小したものの、まだ100ベーシスポイント(bp)を超えている。

  選挙が終われば投資家はスペイン経済の強さに目を向けるだろうと、樋口氏は述べた。

relates to 三菱UFJ国際投信、スペイン債を購入-選挙リスクに立ち向かう

Faith in Spain

The fund's holding of Spanish debt has risen ahead of elections

Mitsubishi UFJ Kokusai Asset

Portfolio allocation of Global Sovereign Open fund as end-Jan

原題:A $121 Billion Japan Fund Braves Poll Risks to Buy Spanish Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE