コンテンツにスキップする

テスラの新型クロスオーバー車、「モデル3」と需要共食いの懸念浮上

米テスラがクロスオーバー・スポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」を近く発表することを受け、販売の共食いが生じるとの懸念が浮上している。テスラ車の需要を巡っては既に投資家の間で懸念する声が上がっている。

  同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は3日、モデルYのイベントが3月14日にロサンゼルスにある同社の設計スタジオで開かれるとツイート。モデルYは「モデル3」よりも約10%大型になるため、コストも同程度ほど高くなり、1回の充電による走行距離は若干減少すると付け加えた。

  RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ジョセフ・スパック氏は顧客向けリポートで、「これは非常に優れた(そして需要のある)商品であろうと当社は考えているが、今回の発表のタイミングは株価にとって好材料となるよりも、弱気派に一段の材料を与えるものだと当社はみている」と記述。米国では消費者の好みがセダンから大型車へと移りつつあるため、モデルYの発表はモデル3の需要に打撃を与える可能性もある。「テスラは共食いの可能性を回避するため、生産開始に近づいた段階で同車種を公開すると当社は考えていた。今や、そのリスクは大きくなっているようだ」とスパック氏は指摘した。

relates to テスラの新型クロスオーバー車、「モデル3」と需要共食いの懸念浮上

テスラの「モデルY」、イメージ写真

Source: Tesla

  モデルYの発表は2週間以内に行われるが、発売はずっと後になる見通し。ベアードのアナリスト、ベン・カロ氏は発売までに18カ月以上かかると予想しており、共食いのリスクは軽減される可能性があるとみている。

原題:New Tesla Crossover Stirs Worry It Will Crimp Model 3 Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE