コンテンツにスキップする

バリックCEO:ニューモント敵対的買収を推進する方針変わらず

更新日時
  • ニューモント取締役会は全会一致でバリックの提案拒否
  • 提案の取り下げは「決してしない」-ブリストーCEO

米産金大手ニューモント・マイニングは4日、カナダの同業バリック・ゴールドから提示された178億ドル(約2兆円)規模の買収案を拒否したが、バリックのマーク・ブリストー最高経営責任者(CEO)は敵対的買収を推し進める方針に変わりないと表明した。

  ニューモントの取締役会は、先に発表したゴールドコープ買収計画の方が有益だとして全会一致でバリックの提案を拒否。一方でニューモントはバリックに対し、ネバダ州の両社事業を網羅する合弁事業を提案した。

  ブリストーCEOは電話インタビューで、ニューモントへの買収提案を取り下げることは「決してしない」と言明。ニューモント株主に直接提案すると同時に、ネバダ州の合弁事業案に関する協議を進める考えを示した。

  ニューモントの広報担当オマー・ジャバラ氏は「当社の書簡および合弁事業提案についてバリックからの返答に期待している」と電子メールでコメントした。

  事情に詳しい関係者が先週明らかにしたところでは、バリックにはニューモントに提示している買収条件を引き上げる意向はない。

原題:Barrick CEO Vows to Press on With Newmont Bid After Rebuff (1)(抜粋)

(バリックのブリストーCEOのインタビューを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE