コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国が製造業向けVAT税率引き下げ計画、10兆円の負担減にー関係者

  • 製造業向けVAT最高税率を3ポイント引き下げ、週内にも発表
  • 李首相は5日に経済政策に関する年次報告書を公表する
The Chinese Town That Produces Most of The World's Christmas Lights Doesn’t Fear a Trade War
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国は減速する景気への対策の一環として、製造業を対象に付加価値税(VAT)率を3ポイント引き下げる計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が公開されていないとして匿名を条件に述べた同関係者によると、税率を引き下げるのは3区分あるVATのうち最も税率の高いもので、早ければ週内に発表される可能性がある。中国では5日に全国人民代表大会(全人代=国会)が開幕する。

  李克強首相は5日に経済政策に関する年次報告書を発表する。国内総生産(GDP)の成長目標や財政・金融政策方針などの詳細が明らかになる。VATの3ポイント引き下げで、製造業企業にとってはGDPの0.6%に相当する最大6000億元(約10兆円)の負担減が見込まれると、米モルガン・スタンレーは試算する。  

  VAT引き下げの計画について中国財政省にファクスでコメントを要請したが、応答はなかった。  

Tax Revenue Slumped After Cuts Last Year

Source: National Bureau of Statistics, Bloomberg calculations

Revenue data shows year-on-year change in quarterly revenue

原題:China Is Said to Plan $90 Billion Cut in VAT for Manufacturers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE