コンテンツにスキップする

中国の「三大攻堅戦」、習主席に課せられた国内での3つの戦い

  • 克服すべき3大テーマは公害と金融リスク、貧困
  • 20年までに「極端な貧困」を終わらせる目標-国務院

中国指導部は5日開幕する全国人民代表大会(全人代)で、今年の経済政策運営方針を巡り具体的な政策を打ち出す。

  米中貿易戦争と国内経済の減速への対応に注目が集まる中で、国内政策の組み合わせは2017年に導入されたいわゆる「三大攻堅戦」によって規定される。習近平政権は克服すべき3大テーマを公害と金融リスク、貧困だとしている。

  この3つの問題がどのように推移しているか、チャートで検証する。
  

公害対策

  2017年以降、北京や上海市民は青空を見ることが多くなった。冬場はかすんで空が見えない日がまだ多いものの、北京のデータは特に大気汚染が平均的に減少傾向にあることを示している。

Hazy Air

Air pollution indexes in China's biggest cities

Source: U.S. Department of State, Bloomberg calculation

Note: Shows monthly average of China Air Quality Index

レバレッジ解消(および再レバレッジ)

  中国で34兆ドル(約3800兆円)相当に膨らんだ公社債の伸びを抑制する取り組みはある意味で効果が大き過ぎた。全体的なレバレッジ比率は圧縮されたが、民間セクターへの与信の流れが滞ってしまった。当局は中国全体の金融安定を巡る懸念を再燃させずに、問題の解消を図ろうとしている。

Debt Control

China's leverage ratio stabilized

Source: Morgan Stanley, Bloomberg

Lending Surge

Source: People's Bank of China

Note: New measure includes loan write-offs, asset-backed securities, local government bonds

  消費と投資を促すため減税を昨年実施した当局は、低迷が続く民間セクターを支援するため2019年も追加減税を行うと表明している。モルガン・スタンレーの中国担当チーフエコノミスト、邢自強氏は企業向けに付加価値税を最大8000億元(約13兆3700億円)相当を減らすと見込んでいる。ただ先の減税で税収はすでに落ち込んでいる。

Tax Revenues Already Slumped

Source: National Bureau of Statistics, Bloomberg Calculations

Note: Revenue data shows year-on-year change in aggregate quarterly revenue

  景気刺激策のための財源の一つは債券発行だ。政府はすでに地方政府がインフラ事業を賄うため19年に発行できる特別債を大幅に増やすと表明している。

Infrastructure Spending Back

Source: National Bureau of Statistics, Bloomberg

Note: Data is cumulative year-to-date figures. 2019 data is median of Bloomberg survey of 29 economists.

貧困対策

  40年以上にわたる改革開放政策で中国の貧困層は大きく減ったが、いまだに地方を中心に貧困は残る。国務院によれば、20年までに「極端な貧困」を終わらせる目標の一環として、今年は1000万人余りを貧困から抜け出させる計画。

Poverty Reduction

Number of people at or below the national poverty rate

Source: World Bank, based on national data

原題:Xi’s Three ‘Battles’ in Six Charts as Political Summit Kicks Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE