コンテンツにスキップする

グアイド国会議長が4日にベネズエラ帰国、逮捕されるリスクも

  • 出国禁止命令を無視して外遊-マドゥロ政権は逮捕の方針示してきた
  • 安全な帰国を妨げる脅しや行動は重大な対応を招く-ボルトン氏

ベネズエラのグアイド国会議長は4日に帰国して首都カラカスでのデモ行進に参加すると表明した。出国禁止命令を無視して国外に出たため、帰国時に逮捕されるリスクもある。

  グアイド議長は3日、ソーシャルメディア上に掲載されたスピーチで、「われわれは明日、国に帰る。帰国はリスクを伴う。レオポルド・ロペス氏ら多くの政治家や労組指導者が監禁されているが、政府が私を拘束した場合、取るべき措置ははっきりしている」と語った。

  グアイド氏(35)はどのようにベネズエラに入国するか詳細は明らかにしなかった。マドゥロ政権は出国禁止命令に違反して2月に出国した同氏を逮捕する方針を示してきたが、実際に逮捕するかどうかは不透明だ。

ECUADOR-VENEZUELA-CRISIS-GUAIDO

エクアドル大統領と会談後に支持者にあいさつするベネズエラのグアイド国会議長

写真家:Rodrigo Buendia / AFP via Getty Images

  ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は3日、「グアイド氏の安全な帰国を妨げる脅しや行動は、米国と国際社会による強力かつ重大な対応を招くことになる」とツイッターに投稿した。

原題:Guaido Says He’s Returning to Venezuela on Monday (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE