コンテンツにスキップする

トランプ大統領巡る調査拡大へ-米下院司法委がきょう資料提出要請

  • 司法委は60人余りに資料提出を求める方針-ナドラー委員長
  • ホワイトハウスや司法省の個人、トランプ大統領の長男らが対象に

米下院司法委員会はトランプ米大統領に関連する司法妨害や汚職、権力乱用に関する調査開始に際し、60人余りに資料提出を求める要請を4日に行う計画だ。米下院司法委員会のナドラー委員長が明らかにした。

  ナドラー委員長が3日のABC番組「ディス・ウィーク」で、要請の対象となるのはホワイトハウスや司法省の個人、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏、トランプ一族の中核企業トランプ・オーガニゼーションのアレン・ワイセルバーグ最高財務責任者(CFO)らだと語った。

  また同委員長は、トランプ大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告の先週の下院証言では大統領が「さまざまな犯罪」に直接関与していたことが判明したと指摘。ただ調査はちょうど始まりつつある段階で、下院がトランプ大統領の弾劾手続き開始の是非を検討する前に証拠集めが必要だと述べた。

Former FBI Director James Comey Testifies To House Judiciary Committee

ナドラー委員長

撮影: Al Drago/Bloomberg

  ナドラー委員長は「弾劾は長い道のりになる」とし、「まだ事実は分かっていないが、適切な調査を開始することになる」と語った。また、犯罪と弾劾される行為は別物であり得るとも語り、下院は2016年米大統領選へのロシア介入疑惑に関するモラー特別検察官の捜査だけに頼ることはできないと話した。

原題:Investigations of Trump Ramp Up Monday With Document Queries (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE