コンテンツにスキップする

米スペースXの「クルー・ドラゴン」、ISSとのドッキングに成功

宇宙ベンチャー企業、米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)の宇宙船「クルー・ドラゴン」が3日、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功した。同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と同氏のチーム、そしてNASA(米航空宇宙局)にとって重要な節目となる。クルー・ドラゴンは今回が初飛行となり、無人で打ち上げられた。

  クルー・ドラゴンは将来的に宇宙飛行士を輸送するために開発された。米国の競合企業ボーイングもNASAが進める「商業乗員」プログラムの一環として、NASAと契約を結んでいる。

  クルー・ドラゴンは米東部時間の午前5時51分ごろに国際宇宙ステーションとの最初のドッキングを完了した。唯一の乗員は女性のマネキン人形「リプリー」で、この名前は映画「エイリアン」の主人公にちなんで名付けられた。

  NASAは2日、「400ポンド(約181キログラム)の物資や機器に加えて、クルー・ドラゴンはリプリーを乗せている。リプリーは人間の形をした実験機器で、この宇宙船に乗り組む宇宙飛行士が飛行中通して体験することに関する重要なデータを集めるため、センサーが装備されている」とブログに掲載した。

  今回の飛行は「デモ1」と呼ばれており、NASAの宇宙飛行士を乗せてISSを目指すテスト飛行「デモ2」は、今のところ7月に予定されている。

relates to 米スペースXの「クルー・ドラゴン」、ISSとのドッキングに成功

3月3日、国際宇宙ステーションとドッキング中のクルー・ドラゴン

出典:NASA / SpaceX

原題:SpaceX Crew Dragon Docks With International Space Station(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE