コンテンツにスキップする

トルコ・リラは9月末までに40%下落、対ドルで最安値更新へ-TD

  • トルコ中銀、利下げでなく利上げを強いられる可能性
  • 現在のリラ相場は危機と危機の間の一時的な落ち着き-マッジョ氏
A 10 Turkish Lira banknote
A 10 Turkish Lira banknote Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
A 10 Turkish Lira banknote
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

TD証券は市場のコンセンサスに反し、トルコ・リラに再び危機が訪れると予想する。

  1日公表されたリポートによると、TD証券は9月末までにトルコ・リラがドルに対して40%下落し、1ドル=8.90リラの過去最安値に落ち込むとみている。同期間のリラの下落率が8%足らずにとどまるとし、やや楽観へと傾く市場コンセンサスとは対照的だ。

  同社の新興市場戦略責任者を務めるクリスチャン・マッジョ氏は当初、リラが1-3月に急落すると見込んでいた。今回のリポートでは、4-6月まで急落はないと予想を修正しつつ、なお急落が起こることを「状況的に確信」していると述べ、トルコ中央銀行は6月から7月の間に400ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げを強いられるとの見方を維持した。市場は逆に、年内に650bp前後の利下げを想定している。

  マッジョ氏は「1つの危機から次の危機へと向かうのがリラの典型的なパターンで、危機と危機の間は一時的に比較的落ち着く」と指摘し、「現在はその一時的な落ち着きにあるとわれわれは考えている」と語った。

原題:Turkey’s Lira Set to Sink 40 Percent by 3Q, TD Securities Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE