コンテンツにスキップする

アップルの現状と将来に関して「かつてないほど楽観的」-CEO

  • カリフォルニア州の本社での株主総会でクックCEOが語った
  • 「サイコロ振る」ようにうまく行くものもそうでないものもある

 米アップルのクック最高経営責任者(CEO)は1日、同社の現状と将来の見通しに関して「かつてないほど楽観的」だと述べた。同CEOはカリフォルニア州クパチーノの本社での株主総会で、アップルは投資家を感動させる新製品の「種をまき」、開発を進めているが、「サイコロを振る」ようにうまく行くものもそうでないものもあると語った。

Tim Cook

アップルのティム・クックCEO

写真家:Giulia Marchi / Bloomberg

  クックCEOは同社のサービス収入について、依然として2016年の約250億ドルから20年には倍増する見通しだとあらためて発言した。

  同CEOは最終的に、高解像度のディスプレーが搭載された1200ドルのノートパソコン(PC)「マックブック・エア」の値下げを目指すとした上で、「アップル・ウオッチ」や「エアポッド」関連の「素晴らしい」製品の長い行程表が存在すると発言。さらにアップル・ウオッチには健康に関する機能が追加されるだろうと示唆した。

  1日の米株式市場でアップルの終値は1.1%高の174.97ドル。クックCEOが発言する前は下げていた。

  アップルの主力製品「iPhone(アイフォーン)」の需要が鈍化し、18年10-12月(第1四半期)が減収となったことから、投資家は革新的な新製品・技術を期待している。クックCEOはこれまで、拡張現実(AR)が革新的な技術となると述べてきており、アップルはARグラスを開発中だ。しかし当面は、伸びているサービス事業や、アップル・ウオッチなどの販売拡大に重点を置く方針。クックCEOは同社が昨年18社を買収し、さらなる買収機会を常に探っていると語った。

原題:Cook Says Apple Is ‘Rolling the Dice’ on Future Products (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE