コンテンツにスキップする

ドイツ:2月失業者数は前月比で減少、失業率は5%で変わらず

  • 2月の失業者数は2万1000人減、予想5000人減
  • 独企業はここ最近の景気減速を一時的と受け止めているもよう

ドイツの2月の失業者数は前月比で減少した。同国は5年間にわたって失業者の減少傾向が続いており、企業はここ最近の景気減速を一時的と受け止めていることが示唆される。

  ドイツ連邦雇用庁が1日発表した2月の失業者数は季節調整済みで2万1000人減の223万6000人。エコノミスト予想(5000人減)の約4倍の減少幅だった。世界的な需要の軟化や地政学的な不透明感にもかかわらず、経済成長の主なけん引役はなお堅調であるとの独連邦銀行の見方を裏付ける。失業率は5%で、前月から変わらず。

German unemployment extends decline

    

原題:German Unemployment Falls as Firms Regard Slowdown as Temporary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE