コンテンツにスキップする

加バリック、米ニューモントへの買収案引き上げの意向なし-関係者

  • バリックはニューモントに敵対的買収案を25日提示-約2兆円規模
  • ニューモントは自社のゴールドコープ買収計画の方が有益との見方

カナダの産金会社バリック・ゴールドは米同業ニューモント・マイニングへの敵対的買収案を引き上げる意向はないと、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。協議が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。

  バリックは25日、ニューモントに全株式交換方式で178億ドル(約2兆円)規模の買収案を提示。ニューモント株の評価額は、前営業日に当たる22日終値を8%下回る水準だった。ニューモントは今回の提案について、取締役会が検討するとしつつも、同社が先に発表したカナダのゴールドコープ買収計画の方が有益だとの考えを示した。

  バリックのマーク・ブリストー最高経営責任者(CEO)は、両社統合に伴うシナジー効果は70億ドルとなり、それにより企業価値が高まると反論している。買収案を修正するかどうかについて、同社の広報担当は今のところコメントしていない。

Key Speakers At South Africa's 2018 Mining Indaba

マーク・ブリストー氏

写真家:Waldo Swiegers /ブルームバーグ

原題:Barrick Is Said to Have No Intention to Raise Newmont Offer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE