コンテンツにスキップする

米デル:20年1月通期の売上高の伸び鈍化へ-前年度は堅調

  • 見通し発表は昨年12月の株式再上場後で初めて
  • 20年1月通期の増収率は最大5.6%に-前年度は15%の伸び

デル・テクノロジーズは2020年1月通期の売上高の伸びが鈍化するとの見通しを示した。世界的な景気低迷で法人需要が打撃を受ける可能性が示唆された。

  同社が見通しを発表するのは昨年12月の株式再上場後で初めて。トム・スイート最高財務責任者(CFO)は2月28日のアナリストとの電話会議で、20年1月期の売上高が927億-957億ドル(約10兆3600億-10兆6900億円)になるとの見通しを示した。これは前年度比で2.3-5.6%増を示す水準。19年1月期は15%増だった。一部項目を除いた通期1株利益見通しは6.05-6.70ドルとした。

  アナリストや投資家はハードウエアに依存するハイテク企業は世界的な景気減速の影響を受ける可能性があるとの懸念を強めているが、スイートCFOは「市場が堅調で力強い投資サイクルとなった前年度に比べ、今年度はより通常の伸びになると予想している」とインタビューで語った。

  同社がこの日発表した資料によると、18年11月-19年1月(第4四半期)の売上高は238億ドルと、前年同期の219億ドルから増加。調整後売上高は240億ドルで、両数字ともアナリスト予想平均並みだった。従来の会計規則に基づく損益は2億8700万ドルの赤字で、前年同期の1億3300万ドルから損失が拡大。調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は11%増の30億3000万ドルだった。

原題:Dell Projects Sales Growth Will Slow in Fiscal 2020 (2)、Dell 4Q Adj. Net Income $1.59b, May Not Compare With Est. $1.35b(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE