コンテンツにスキップする

米朝首脳会談物別れ、要求受け入れられなかったとトランプ大統領

更新日時
  • 「北朝鮮は制裁の完全解除を望んだが、それはできなかった」
  • 寧辺核施設の解体では「不十分」とトランプ大統領

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の2回目の首脳会談は28日、物別れに終わった。北朝鮮が核開発プログラムの大半を放棄する代わりに米国が制裁を解除するという合意に達することはできなかった。

  トランプ大統領は予定より早く唐突に終了した会談後に記者会見し、金委員長は「制裁の完全解除を望んだが、米国としてそれはできなかった」と語った。金委員長は代価として寧辺(ニョンビョン)核施設の解体を提案したが、「それでは不十分だった」と大統領は話した。

relates to 米朝首脳会談物別れ、要求受け入れられなかったとトランプ大統領

記者会見するトランプ大統領

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  大統領は、米国が北朝鮮に他にも秘密の核施設が複数ある証拠を突き付けたところ、北朝鮮側は驚いたと発言。大統領と共に会見に臨んだポンペオ国務長官は、寧辺の施設がなくても北朝鮮は引き続きミサイルや弾頭など核プログラムの他の要素を保有することになり、それは米国として受け入れられないと付け加えた。

  トランプ大統領は「交渉の席を立たなければならない時もある。合意に署名することもできたが、そうすれば『ひどい合意だ』と言われただろう」と語った。

VIETNAM-US-NKOREA-DIPLOMACY-SUMMIT

トランプ大統領と金委員長(2月28日)

Photographer: Saul Loeb/AFP via Getty Images

  トランプ大統領は、会談は友好的に終了したとしながらも、次回会談は約束しなかった。 

  「この日、合意に署名するのは適切ではないと感じた」とした上で、将来のさらなる協議を排除しない意向を示した。「私は北朝鮮の発展を望んでいるので、制裁を解除したいと思っている。しかし、それには北朝鮮がもっと譲歩しなければならない」と述べた。

  ポンペオ長官は、米国は金委員長に「さらなる取り組みを求めたが、委員長にはその用意がなかった」と語った。

  韓国の文在寅大統領の報道官は声明で、米朝首脳会談の結果は「残念だ」としながらも、意味のある進歩があったとコメントした。中国外務省は米朝に協議継続を呼び掛けた。共同通信によると、トランプ大統領と電話会談した安倍首相は「安易な譲歩は行わなかった。トランプ氏の決断を支持する」と述べ、次は自身が金委員長との会談を実現させたいとの考えを語った。

  金委員長は核兵器を体制の安全保障の鍵と見なし、核プログラム停止の見返りに制裁が解除されることを望んでいた。一方、米政権は制裁解除の前に北朝鮮が核放棄に向けて本格的に踏み出すことを求めており、結局この溝が埋まることはなかった。

DPRK-USA Summit Takes Place in Hanoi

28日の会談を終えた金委員長の車列

写真家:Justin Chin / Bloomberg

  

VIETNAM-US-NKOREA-DIPLOMACY-SUMMIT

トランプ大統領を乗せた車が会談会場のホテルを去る

写真家:ゲッティイメージズによるNoel Celis / AFP

原題:Trump Says He Walked Out on Kim After U.S. Demands Rejected(抜粋)

(韓国と中国、日本の反応などを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE