コンテンツにスキップする

TikTok側が6億円超支払い-児童情報巡り米FTCと合意

  • 13歳未満の児童から名前などを保護者の同意を得ずに収集とFTC
  • FTCの指導に基づき米国での対応改善させる-ティックトック側
FRANCE-CHINA-TIKTOK-INTERNET-APP
Photographer: AFP/Getty Images
FRANCE-CHINA-TIKTOK-INTERNET-APP
Photographer: AFP/Getty Images

中国のバイトダンス(字節跳動)が開発した10代に人気のショート動画アプリ「ティックトック」の運営側が、児童らの個人情報を違法に集めたと主張する米政府と和解するため、570万ドル(約6億3200万円)を支払うことで合意した。児童のプライバシーを巡る制裁金としては過去最大規模となる。

  米連邦取引委員会(FTC)は27日発表した声明で、FTCと合意に至ったのは、現在はティックトックとして知られる「ミュージカル・ドット・ly(Musical.ly)」だと説明。FTCによれば、ミュージカルは13歳に満たない児童から名前や電子メールアドレスなどの情報を保護者の同意を得ずに収集していた。

  20年余り前に成立した米国の児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)は、ウェブサイトやアプリなどのオンラインサービスで児童からの情報収集や利用・開示に制限を設けている。またFTCによると、ミュージカルのアカウントはデフォルト設定で別のユーザーが児童のプロフィルや写真、動画などを閲覧することが可能だった。

  ティックトック側は発表資料で、FTCの指導に基づき米国の低年齢層利用者への対応を改善させる変更を進めていると表明。個人情報の共有を認めず、コンテンツとユーザー交流も「広く」制限するとしている。ミュージカルは、スタートアップ企業として評価額が世界一のバイトダンスに8億ドルで買収された後すぐに、バイトダンスのアプリ、ティックトックと統合された。

原題:ByteDance’s TikTok Hit With $5.7 Million Fine Over Child Privacy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE