コンテンツにスキップする

米HP:2-4月期利益見通しは市場予想並み-時間外で株価急落

  • 11-1月期の売上高は1.3%増も市場予想に届かず
  • 部品不足が11-1月期の増収率に影響したとCEO

世界2位のパソコン(PC)メーカー、米HP株が時間外取引で急落。同社が示した2-4月(第2四半期)の利益見通しはアナリスト予想に沿った水準で、厳しい競争の中で同社が経費削減や高位機種の販売拡大で苦戦している状況が示された。

  27日の発表によると、2-4月期の一部項目を除いた1株利益は50-53セントの見通し。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は52セントだった。2018年11-19年1月(第1四半期)の売上高は147億ドル(約1兆6300億円)で、アナリスト予想(149億ドル)を下回った。部品不足が影響した。

  • HPは昨年、世界最大のPCメーカーの地位を中国のレノボ・グループ(聯想集団)に譲ったが、ディオン・ワイズラー最高経営責任者(CEO)は上位機種の販売やサブスクリプション方式への注力などで同社の収益性向上に注力している。11-1月期のPC部門利益率は12年以来の高水準だったと、スティーブ・フィーラー最高財務責任者(CFO)は説明
  • 11-1月の増収率1.3%についてワイズラーCEOは、部品不足で供給が抑制されなければ「もっと高い伸びだったはずで、残念だ」とインタビューで語った。インテルからの供給不足は上期を通してHPの供給面での問題になると述べた
  • 19年10月通期の調整後1株利益見通しは2.12-2.22ドルに据え置き。経費圧縮や数千人規模の削減を含む事業再編計画が後押し
  • 発表を受け、HPの株価は通常取引後の時間外取引で一時2桁下落
  • 決算詳細
  • 発表資料

原題:HP Slips on In-Line Forecast, Disappointing Sales Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE